明治17年(1884年)2月、東京の新橋烏森での布教開始から137年。教会設立114年。そして、春日部に移転し、布教15年目を迎えました。

金光教春日部教会

教会史

御金神社

更新日:

金光新聞3月27日号で「御金(みかね)神社」が紹介されていた。
この神社は、虎ノ門教会初代御園師が18歳の時、大阪で金物商を営んでいた田中庄吉師と結婚し、その後、病気平癒を願って初代白神新一郎師のお広前に参拝したことがきっかけとなって、田中夫妻が布教のために設立したものである。
その後、家庭の事情から復籍し、明治17年、新橋烏森で単身布教に従事することとなった。
およそ10年ほど前にこの神社を訪ねたことがあり、提灯のご紋や石灯籠が、本教の教紋と似ていたのに驚いた記憶が今でも残っている。

-教会史

Copyright© 金光教春日部教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.