明治17年(1884年)2月、東京の新橋烏森での布教開始から140年。教会設立117年。そして、春日部に移転し、布教18年目を迎えました。

金光教春日部教会

今朝の御教え

今日の御教え

更新日:

食事をする時に、このくらいでよいと思う時が、天地の親神のご分霊(ぶんれい)が分限を定められる時である。それが体に合う量である。それを、もう一杯(ぱい)、また一杯と、我食(がぐ)い、我飲みして病気になる人もあるが、これは神へ対し無礼ではないか。また、食べ過ぎ飲み過ぎして、嘔吐(おうと)をする者もあるが、これもよくない。信心する人は神の守(まも)りを心にかけており、万事不都合のないようにするのが信心である。飲食も無理に強いるのは親切ではない。国のため、人の身のため、わが身の上も思い、万物を粗末(そまつ)にしないような、真(まこと)の信心をするがよい。(天地は語る297節)

-今朝の御教え

Copyright© 金光教春日部教会 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.